JAひがしかわ女性部
 私たちは食や農、くらしに関心のある女性が集まって活動する組合員組織です。
農業に従事しながら食農教育や地産地消など食や農にかかわる活動に取り組んでいます。
私たちが真心込めて育てた作物を使ったかんたんレシピを、ぜひお試し下さい。
JAひがしかわフレッシュミズ
 私たちは子どもと一緒の料理教室や農業体験(研修旅行)、趣味の活動など、さまざまな活動を通じて楽しく交流しながら学んでいる組織です。
お子さんと一緒にぜひ、作ってみて下さい。
まえがき
発刊によせて

やさしい酸味が、さっぱりとした風味を演出します

トマトすき焼き風煮

材料 4人分
大玉トマト
2個
豚肉
100g
しいたけ
100g
玉ねぎ
100g
しらたき
100g
砂糖
大さじ1
醤油
大さじ3
みりん
大さじ1
かつおだし
150ml
  1. 食材はあらかじめ食べやすい大きさに切っておく。
  2. 調味料はすべて合わせる。
  3. トマト以外の材料を入れて煮る。
  4. 煮えたらトマトを加えて一煮立ちさせて完成。
「ひがしかわサラダ」のトマト
ひがしかわサラダはJAひがしかわの野菜ブランドです。
病気に強く、甘みと酸味のバランスが良い品種を選んでいるので、爽やかな風味が食欲をそそり、瑞々しく口の中でうまみがあふれ出す人気の野菜です。
『抗酸化作用とうまみ成分の宝庫
トマトにはビタミンを初め栄養価が豊富ですとしたが、中でもトマトの赤色成分「リコピン」には強い抗酸化作用があります。脂溶性なので油脂といっしょに摂ると吸収力がアップするので、生食だけではなく調理して食べると効果的です。西洋のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われたのも納得です。
他のことわざには「トマトの時期には下手な料理はない」というものがあります。
ことわざ通りトマトには昆布に匹敵するほどのうまみ成分「グルタミン酸」が含まれています。イタリアンはもちろん、中華炒め、煮物やカレーにもトマトは相性ばっちりです。
まずは「トマトすき焼き風煮」からチャレンジしてみましょう。
レシピの印刷はこちらから

見た目鮮やか、栄養満点、お酒のおつまみに

ピーマンのチヂミ

材料 4人分
ピーマン
1個
赤ピーマン
1個
黄ピーマン
1個
シーチキンの水煮
1/2缶
小麦粉
50g
片栗粉
10g
スープの素
2.5g
1g
ごま油
少々
大さじ4
  1. 各ピーマンは洗って種を、取り千切りにする。
  2. 全ての調味料と切ったピーマン、シーチキンを加えて混ぜ合わせる。
  3. 薄く油を引いたフライパンで2〜4個分に分けて両面を焼いて完成。
    (赤・黄ピーマンを上にのせて焼くとカラフルな出来上がりになる)
レシピの印刷はこちらから

子ども達にも人気、手軽に作れます

ほうれん草のベーコン炒め

材料 4人分
ほうれん草
1袋
ベーコン
4枚
コーン
100g
バター
適量
にんにく
適量
塩コショウ
少々
  1. ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさに切る。
  2. フライパンにバターを入れ、おろしたニンニクとベーコンを加え、炒める。
  3. ほうれん草とコーンを加えて炒める。
  4. 塩コショウで味を調えて完成。。
レシピの印刷はこちらから

トマトの風味で味と香りが引き立ちます

トマトジュースのペンネチーズ焼き

材料 4人分
トマトジュース
380ml
塩コショウ
少々
オリーブオイル
適量
ペンネ
200g
ナチュラルチーズ
80g
玉葱
1個
ウインナー
8本
コンソメ
8g
  1. ペンネは規定の時間より1分短く硬めに茹でておく。
  2. 玉葱はみじん切り、ウィンナーは適度な大きさに切りオリーブオイルで炒めペンネを入れ、トマトジュースとコンソメを加えて煮詰め、塩コショウで味を調える。
  3. 耐熱皿に盛りつけてチーズをかけて200℃のオーブンでチーズに焦げ目がつく程度に焼いて完成。
レシピの印刷はこちらから

お手軽なひと口サイズ、お茶といっしょに召し上がれ

スイスチャードのお寿司

材料 4人分
3合
スイスチャード
1枚
すし酢
適量
少々
少々
  1. 米を炊いて酢飯を作る。
  2. スイスチャードは葉と茎に分けて塩と酢を入れたお湯で別々に茹でる。
  3. 茹でたものは冷水にさらし、茎は1cm幅に切る。
  4. 酢飯に刻んだ茎を加えて混ぜて丸く小さく成形する。
  5. 葉で下半分を覆うように巻いて完成。
レシピの印刷はこちらから

おやつ感覚で食べましょう

トマトジュースのクレープ

材料 8枚分
トマトジュース
300ml
小麦粉
100g
2個
砂糖
大さじ2
バター
15g
わさび菜
40g
スライスチーズ
4枚
スモークサーモン
8枚
  1. バターを電子レンジで溶かしておく。
  2. ボウルにトマトジュース、小麦粉、卵、砂糖、溶かしバターを入れてダマが残らないようによく混ぜる。
  3. フライパンに生地を流し込み両面を焼く。
  4. 生地が冷めたらわさび菜、スライスチーズの半分、スモークサーモン1枚をのせて巻いて完成。
レシピの印刷はこちらから

玄米を香ばしく炒めましょう

雑穀スープ

材料 4人分
玄米
60g
押し麦
60g
ジャガイモ
1個
わさび菜
40g
600ml
コンソメ
10g
塩コショウ
少々
  1. 玄米を洗い、フライパンを火にかけ色が変わるまで弱火でから炒りする。
  2. ジャガイモは皮を剥いてさいの目に切り、わさび菜は小さめにちぎっておく。
  3. 鍋に水とジャガイモを入れて、少し柔らかくなったら押し麦と玄米を加える。
  4. 押し麦と玄米が軟らかくなったらコンソメ・塩コショウで味を調え、お椀についだ後にわさび菜をのせて完成。
レシピの印刷はこちらから

外はサクサク、みつばの香りでトロリと美味しい

みつば入りライスコロッケ

材料 4人分
ごはん
500g
ミートソース
200g
みつば
100g
トマト
2個
ナチュラルチーズ
4枚
小麦粉
適量
2個
パン粉
適量
適量
中農ソース
適量
パセリ
適量
千切りキャベツ
適量
  1. トマトはさいの目切り、みつばは茹でて細かく切る。
  2. 温かいご飯にミートソース、トマト、みつばを加えて混ぜる。
  3. ナチュラルチーズを中に包み、丸く形を整える。
  4. 小麦粉、卵、パン粉の順につけ、180℃の油で揚げる。
  5. 皿にソースを敷き、ライスコロッケをのせ、飾り付けでパセリや千切りキャベツを盛りつけて完成。
北海道を代表するブランド米『東川米』
北海道産米で最初の地域団体商標『東川米』は厳正な栽培基準と管理を行い、消費者の皆さまに『安心・安全でおいしいお米』を提供しています。
『東川米』には「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ほしのゆめ」「きたくりん」の4品種が登録されています。
『ひがしかわサラダ』軟白みつば
東川町のみつばは6月から畑で栽培され、秋に掘り起こされた根をハウス一面に敷き詰めます。年末の出荷にあわせて温度を上げたハウスの中でしっかりと伸びたみつばは、大雪旭岳源水で洗った後、袋詰めされて出荷されます。
東川町の軟白みつばとしては、北関東地域で北海道一の出荷量を誇ります。
レシピの印刷はこちらから


カレンダー
イベント情報はこちらから